【早起きのコツ】毎朝の楽しみのために30分早く起きる【朝活】

【早起きのコツ】毎朝の楽しみのために30分早く起きる【朝活】

こんにちは。
朝活を始めて約1ヶ月が経ちました。
朝活と言うにはちょっと大げさな気もしますが、以前より30分早く起きるようになりました!

「30分だけかい」と自分でも思いますが、朝の30分はかなり大事です。
具体的に、なぜ朝活をしようと思ったのか、活動内容とどんな効果を感じているか、早く起きるコツを
書いていきます。

朝活を始めたきっかけ

まず、以前の僕は7時から7時半の間で起きていました。
会社の始業時間が9時で、通勤時間が30分弱なので比較的余裕を持って起床していたのですが、
すこし問題がありました。

まず、朝ごはんを食べなかった!
僕は朝起きてすぐにご飯を食べれないタイプで、
起床後10分くらいでやっと食欲が湧いてきます。
ただ、以前の起床時間だと、その10分の間に準備をしていると
もうなんだかんだでゆっくりご飯を食べる余裕の無い時間になってきたり、
もう食べずにいけるような気になってしまい、
そのまま出勤していました。

そして、会社に着いた瞬間にお腹が空くと。
お腹が空くと集中できません。
これは良くないです。

そして、もう一つ問題に感じていたというか、
もっと1日を有意義に過ごすためにしたいと考えていたのが、
朝の読書時間を作ることです。
本を読む時間って自分で作ろうと思わないとなかなか出来ないもので、
仕事が終わった夜は家のことをしたり、勉強をしたりなどで
あっという間に時間が過ぎていってしまいます。
そこで、朝早く起きれば簡単に時間を作れるなと考えました。

これらの理由からまずは30分だけでも早く起きて
朝食を食べる時間と本を読む時間を作ろうと思って始めました。

朝活内容と実感した効果

まず今は6時半に起きているのですが、
起きてすぐに窓を開けるようにしています。
これは目を覚ますためにも結構重要で、
窓を開けて空気を吸うことで、もう二度寝する気は失せます。(少なくとも僕は)
ストレッチしながら外をぼーっと眺めて10分ほど経過。
それから軽く朝ごはんを食べて、準備開始です。

だいたい7時半には準備完了しているので、
それから30分間本を読みます。
(具体的には、以前記事でも紹介したポモドーロテクニックを使って、
25分間計測しながら本を読んでいます。)

なので、やっていることと言えば、
朝ごはんを食べて本を読んでいるだけです。
これを朝活と呼んだら朝活ガチ派の人にラリアットされそうな気がしますが、いいんです。
朝に意識的に活動をしたら朝活なんです。

実際に感じた効果は、まず朝ごはんを食べる時間が出来たことで、
午前中ずっとお腹が空いている状態が無くなって、目覚めも良くなりました。

そして、本を読む時間を確保できます。
やっぱり本を読むのは落ち着くし、頭も冴えるし、
読む本の内容にもよりますが、やる気が溢れてきます。
個人的には、読んだ内容を実践するためにも、
本を読むのは1日の終わりよりも始めの方が良い気がします。

例えば、リーダブルコードのような技術的に実践できるような本を朝読めば、
「今日は、コードを書く時に読みやすさを意識して書いてみよう」というような、
明日ではなく、今日やることを考えられるという効果があります。

何より、1日が読書で始まると時間がゆっくり流れているような感じになり、
有意義に時間を使えているという充実感があります。

早く起きるコツ

朝早く起きる方が良いのはわかっているけど、やっぱり朝は眠いものです。
どうしても起きる気力が湧いてこないのは、ものすごく分かります。
厄介なのは、この時間までは眠っても大丈夫ということを分かってしまっているので、
自然とギリギリの時間まで眠ってしまうことです。

僕の場合、朝早く起きるためにやっていることは、
先ほども書いたように、まずは体を起こして窓を開けることです。
最悪、そこまでやったら二度寝してもいいと考えましょう。
窓を開けることで、空気が流れるのでとりあえず次の目覚めは格段に良くなります。

そして次に、早起きすることで得られるメリットを起きた瞬間から意識します。
僕の場合、窓を開けてから二度寝してしまいそうになっても、
「このまま起きたら本を読む時間があるぞ!」
と考えます。
もしくは、二度寝した時のデメリットを考えるのも良いかもしれません。
「このまま眠ったら今起きた意味ねー!」
「このまま眠ったら本を読まずに1日が始まるー」
と考えると頑張って起きようという気持ちが芽生えるのではないでしょうか。

最後に、地味に効果があるのですが、いま二度寝してもほとんど意味は無いと考えると良いです。
どういうことかと言うと、二度寝をしたとしても、次に起きた時もどうせ眠いです。
ほんの10分,20分多めに寝たからってさほど効果はありません。
早く起きたからといって、日中に眠くなることもほとんどありません。
それに気づいて、意識をすればもったいないと感じて、起きようという気持ちが湧いてきます。

まとめ

慣れてきたら徐々に起きる時間を早めていこうと考えています。
具体的には、ランニングを始めようかと思っています。
せっかく近所に大阪城公園という走りやすそうな素晴らしい場所があるので、
もっと有意義に使いたいものですね。

朝のランニングをされている方は、だいたい仕事を始める
何時間前に起きているんですかね?
そしてどれくらい走るんでしょう?

今年の目標として、

  1. 朝のランニングを始める
  2. 朝の読書時間を作る(継続)
  3. 朝活仲間を作る

を設定します。
意思が弱い&人との交流が少なくなっていることもあるので、
一緒に頑張れる仲間が欲しいです。

ということで、朝活仲間大募集です。
では。