【物欲を抑える】衝動買いや無駄遣いを抑えるコツ【お金は大事です】

【物欲を抑える】衝動買いや無駄遣いを抑えるコツ【お金は大事です】

こんにちは。
今日は、物欲を抑えるための僕なりの考え方というか、コツを紹介します。

まず、前提として、僕は物欲は人並みにあると思いますし、
気を抜くと結構無駄遣いをしてしまうタイプです。
ダメだとわかっているけど、
自分の中であれこれと買うための口実や言い訳を考えてしまっては、
ついに欲を抑えきれずに買ってしまいます。

今まで自分がしてきた無駄遣いや衝動買いを思っては
あれをしていなければ、今頃はもっと貯金があったのに..
などと、考えても何の意味も無いことを考えて悔しがることが多いです。

でも、いつまでも後悔ばかりしていないで、
これから無駄遣いを減らしていこうと決心して取り組んだ結果、
劇的に出費は減りました。

そこで、僕が実際に出費を減らすことに成功した方法を紹介します。

買うべきかどうかの判断基準を明確にする

まずは、買うべきかどうかの判断基準です。
以前の僕も含めて、プチ浪費家タイプは、
「これを買うお金があるかどうか」を買う判断基準にしていることが多いと思います。
「今月はあとこれくらい残っているし、大丈夫」
という考えだけで買うことを決定し、
本当に必要かどうか。
買わないことによって、他にできることというのを考えずに買ってしまうのです。

この判断基準だと、極端に言うとお金がある限り使ってしまいます。
お金があるかどうかに関係無く、欲しいものをどんどん買う本物の浪費家と比べればマシですが、
その分、自分の浪費癖に気づきにくいのでは無いかと僕は思います。

僕の今の判断基準は、
目の前に、その買いたいものとお金を並べて、どっちが欲しいかと聞かれたとき、
その買いたいものを選ぶかどうかで判断します。

つまり、ものすごく買いたいと思った服が1万円だとした場合、
1万円札と服を目の前に置いたのを想像し、どっちかを選べと言われたときに、
迷わず服を選ぶなら、それは買ってもいいものです。

ここで「少しでも」迷いが出る場合は、買うべきではないと思います。
少なくともその場で買うかどうか決めずに一旦保留にして
じっくり考える時間を作るべきです。

自分が一番好きなものを比較対象とする

次に、比較対象を作ることです。
これは衝動買いを抑えるのに効果的です。

例えば僕の場合、本を読むのが好きで可能なら毎日でも本を買いたいと思っています。
しかし、文庫本なら1冊1000円弱。仕事に関わるIT関連の技術書になると3000円以上はかかってしまいますので、
頑張って我慢しています。
僕の場合、この買いたいけど我慢している、本を比較対象とすることにしています。

つまり、何かを買いたいという衝動に駆られたとき、
それを買うことによって、本が買えなくなる。
読みたい本を買うのを我慢しているのに、これを買ってしまうのか..!
と考えるようにしています。

例えば、スタンスミスの新色が出てて、それをたまたま見つけてしまい、
「うぉぉ、欲しい..!」
と思って、思わず手を伸ばしそうになった時に、
読みたいと思っていたけど我慢していた本を思い出します。

「スタンスミスを買うとなると、だいたい1万5000円。
それをもし買うとなると、技術書であれば5冊。
文庫本であれば、15冊も買える。」

そう思うと、僕にはどうしてもスタンスミスを買うことはできません。
というか冷静に考えると、スタンスミス高っ

買いたいものが目の前にあるときって、それがすごく魅力的に見えますよね。
ただ、その魅力的なものを買うことによって、
目の前には無いけど、もっと魅力的なものを買えなくなることを考えてみるべきです。

今までの無駄遣いを思い出す

今までどれだけ無駄遣いをしてきたでしょう。
あの時買った全然着ていない服。
あれを買わなければ我慢せずに今目の前にあるこの服を買えたのに。
と、感じたことはありませんか?
(信じられないのですが、
買ったけどほとんど、あるいは一度も着ていない服があるって女性の方多いらしいですね。。
それって恐ろしいことじゃないですか?w)

もうこれから後悔しないために、
本当に欲しいものを我慢しないで済むように、
無駄遣いはしないと決心しましょう。

決心するだけでかなり効果があります。

衝動買い、ダメ、ゼッタイ。

何があろうと、どんな理由があろうと、衝動買いはダメだと思います。
衝動買いというのは、
今まで欲しいと思っていなかったし、それを買う目的はなかったのに、
思わず買ってしまうことです。

それがどんなもので、
他の製品と何が違うのか。それを買った人はどんな効果を感じているか等、
情報をほとんど持たない状態で買ってしまっていいのでしょうか?

今まで我慢してきた物や、
必死に働いて稼いだお金を
ほんの一瞬の衝動で投げ出していいのでしょうか?

いつもスーパーでたった数%の割引や
ポイントを気にしているのに、
セールの日にひたすらレジに並んでいるのに、
その努力を一瞬でパーにしていいのでしょうか?

衝動買いは減らすものではなく、無くすものです。

衝動買いは、薬物と同じくらい、
何があっても徹底的に避けるべきです。
(大げさ)

まとめ

単純に節約しようとするのではなく、
本当に良い!欲しい!と思えるものを買い、
そうじゃないものは買わない。

買うことによって、犠牲になるものを認識する
というのが大事だと僕は思います。

ちなみに、僕が今まで買ったものの中で
一番満足しているものは、「人を動かす」という本で、
一番後悔しているものは、「車」です…

では。