個人的に仕事や勉強をする時によく聴くアルバム、プレイリストをまとめました

個人的に仕事や勉強をする時によく聴くアルバム、プレイリストをまとめました

勉強や仕事をしている時に、音楽をかけると良いよく言いますが、実際どんな音楽を聞けばいいのかと迷っている方へ。
僕が個人的によく聴いている音楽を紹介したいと思います。
「テンポがゆっくりでリラックスしやすい音楽がいい」「うるさすぎず、静かな音楽がいい」というような曖昧な紹介ではなく、Spotifyに実際に存在するプレイリストを紹介したいと思います。

シーン別のオススメ音楽

仕事や勉強の際にオススメの音楽といっても、シーンによって適した音楽は変わってくるはずです。
疲れを癒すような、リラックスした音楽を聴きたい場合もあれば、気分が盛り上がる明るい音楽、集中力を高めるテクノ調の音楽など。
今回は、そういったシーン別でオススメの音楽をまとめたいと思います。

集中したい時にオススメのアルバム、プレイリスト

一般的に、一定のリズムが反復されるサウンドを聴くと、トランス状態に入りやすくなると言われています。
無音状態よりも集中力が高まりやすく、耳に残りすぎない、心地いい曲で構成されたプレイリスト、アルバムを紹介します。

a cup of lofi


ジャズとヒップホップを融合させた曲集です。
心地良いサウンドが一定のリズムで繰り返され、集中が高まっていきます。

Jazz Vibes


こちらもジャズをリミックスさせた曲集です。
先ほどの「a cup of lofi」と曲調は似ていますが、こちらの方がどちらかというとジャズ色が強く、ヒップホップ的な要素が薄いというイメージです。
僕は、集中力を高めつつも、よりリラックスした気分で仕事や勉強をしたい時には、こちらの「Jazz Vibes」を聴いています。

Dive | Tycho


こちらはTychoというアーティストのアルバムです。
歌詞はなく、エレクトリックで幻想的な曲で構成されています。
アルバムのジャケットのイメージ的にも、朝一番に聴くと頭の中がクリアになり、集中しやすくなります。

リラックスできるオススメのアルバム、プレイリスト

高ぶった気持ちを抑え、リラックスできる曲で構成されたプレイリスト、アルバムを紹介します。
休憩時間や、仕事が終わりに近づいてきたときに、どうぞ。休憩は大事ですよ。

Our Endless Numbered Days | Iron & Wine


森の中にいるような気分になれる、優しいアコースティックなアルバムです。
歌声も、ちょっとかすれた感じで、聴かせようとしているのではなく、リラックスして歌っているような印象です。
すごく好き。

LIVE IN LIVING’13 | 羊毛とおはな


羊毛とおはなさんは、けっこう有名ですかね。
声が優しくて、すごく好き。そして、リラックスしているなかに感じる、たしかな歌唱力。
サウンドも過剰な演出は一切なく、生々しいアコースティックギターの音が心地いいです。

気分を盛り上げるオススメのアルバム、プレイリスト

どうもやる気が出ない、仕事をしよう、勉強を始めようというテンションにならない、という時は気分が盛り上がる曲を聴きましょう。
基本的に自分が好きな曲を聴けばいいかと思いますが、ここでは僕が気分を上げたい時に聴くアルバムを紹介します。

Morning Glory | Oasis


全曲神。
とくに、「Roll With It」「Some Migth Say」「She’s Electric」は通勤のお供です。
仕事前に聴いてテンションを上げています。

Rubber Soul | The Beatles


全曲神。
そして、基本的にいつ聴いてもマッチする万能型。
「Drive My Car」「The Word」を聴いて、気分が盛り上がるし、
「Norwegian Wood」「Nowhere Man」を聴いてリラックしてもいいし、
「In My Life」「Michelle」を聴いてしんみりしてもいい。

まとめ

正直、個人的な感覚で選んだものなので、どれくらい役に立つか微妙なところですが、いかがでしょうか。
勉強や仕事に挑もうとする時、自分だけの力だけでなく、音楽の力も借りてみましょう。
想像以上に効果があるはずです。

では。