プログラマーにとって長期休暇は質の高いインプットができるチャンス

プログラマーにとって長期休暇は質の高いインプットができるチャンス

プログラマーなら、長期休暇を利用してなにか新しい技術を学んでみましょう。
「長期休暇は休めよ。勉強なんて..」
まわりにそう言われたとしても、
意識高い系と揶揄されたとしても、
やっぱり僕は勉強することをオススメします。

どんなことを学ぶべきか

たとえば、こういったことをやってみるのはどうでしょう。

  • 新しいプログラミング言語を学ぶ
  • 業務に使えるツールを調べる、使いこなせるようになる
  • 思い切って業務に使えるツールを開発する
  • 興味のある技術に関連する書籍を読みまくる
  • 普段触れることの無い分野について学んでみる

ここにあげたようなことって、ある程度まとまった時間がないと、なかなかやれない。
というより、やる気が起きないですよね。

長期休暇に入ったら、頭を切り替えて、普段やれないことを積極的にインプットしましょう。

僕が長期休暇を利用して実際にインプットしたこと

Cloud9、Github、Herokuを使ったwordpressブログ開設

まず、去年の年末年始の長期休暇で、このブログを作りました。
もともと、Evernoteに簡単な日記のような感覚で、学んだことや、トラブルの内容と解決方法を書いていたのですが、
アウトプットの質を高めるためにも、ブログを開設してこういった情報や経験を共有する場を設けたいなと思っていました。

ただ、やるからにはドメイン取得から公開まで自分でやりたいと思っていたこともあり、ある程度まとまった時間が必要だと判断し、なかな踏み出せていない状態でした。
(いまになって考えると、アメブロでもはてブでもいいから、まずはとにかく始めることが大事だったなとは思いますが。)

そこで、年末年始の長期休暇を利用して、いよいよブログ開設に取り組んだというわけです。

この時、ネット上にある情報をかき集めながら
Cloud9、Github、Herokuを使ったwordpress構築、データベースの構築、SSL設置までを「無料」で行いました。

※ドメイン取得だけはさすがにお金かかりました。

社内情報共有アプリを作った

こちらも去年の年末年始の長期休暇にやったことですが、
新しい言語、フレームワークに挑戦しようと思い、Ruby on Railsを勉強して、
社内でつかう、簡単な掲示板のようなアプリを開発し、Herokuにデプロイしました。

実際には長期休暇の期間を飛び越えて、
Ruby on Railsの勉強から開発まで、10日ほどかかかりました..

その時の自分としては、それなりに良いものを作れたつもりでいて、
意気揚々と、社内ミーティングでこれを紹介したのですが、
「おぉ」「へー。すごいね。」
という反応がありつつも、ほとんど利用されず。
今では存在すらも忘れられていると思います。
というか、忘れてくれていいです。
(たいしたものじゃないんでw)

しかし、Ruby on Railsの勉強だけでなく、テストコードを書くこと、
わかりやすいUIとは何かを考えるキッカケにもなり、やってよかったと思っています。

ちなみに、Ruby on Railsの勉強で参考にした本です。

あとは、Progateというオンラインのプログラミング学習サービスがかなり役に立ちました。

EC-CUBE3,Symfonyの勉強

今年のゴールデンウィークにEC-CUBE3に採用されているPHPフレームワークのSymfonyの勉強をしました。

ある家具メーカーさんのECサイトを構築することになり、
EC-CUBEのデフォルトの機能だけでなく、独自の機能を実装する必要があったので、ゴールデンウィークを利用して勉強しました。
(このブログでも、5月から6月にかけてEC-CUBE関連の記事が増えていることがわかると思います。)

今まで触れてきたRuby on RailsやCodeigniterなどのフレームワークと比べて、
Symfonyはなんとなく独特な印象がありました。
※とくにFormやSurviceProviderあたりの考え方がスッと理解できず..

ただ、事前に勉強していたおかげで、ある程度スムーズに制作を進められました。
アウトプットが見えている、確定している状態でインプットするのは
効果も実感しやすいし、何よりもすぐに成果が見えるのでいいですね。

今年のお盆休みに勉強する予定のもの

お盆休みまであと1週間ほどですね。
8月11日から15日まで休みなので、5日間もあります。

この休みを利用して取り組もうと思っていることは3つあります。

  • 正しいCSS設計について学ぶ
  • gulpを利用したweb制作フローの効率化について考える
  • Dockerを利用した開発環境構築の方法

これらすべて、社内のフロントエンジニアさんから、デザイナーさんにまで
より具体的に伝わる、今後の制作フローに浸透することを目標に勉強しようと思っています。

今のままでは何が問題かを明確にして理解してもらい、それを解決する方法として、こんなことができます。
具体的にはこうこうすることで実現できます。ということを伝えられればと。

参考にしようと思っている書籍が以下のものなのですが、上記の技術について詳しい方、学んだことがある方。
どんな本がオススメか教えてください٩( ᐛ )و

CSS設計についてはこの本。(すでに持っていますが、再読する予定です。)

gulpについてはこの本。(gulpだけにフォーカスした本って意外と少ないですね。)

Dockerについては以下の本。(どちらか。立ち読みしてさらっと読んだ感じで理解しやすそうと感じたもの)


まとめ

振り返ってみると、意外といろんなことに取り組んできたような感覚になってしまいますが、
本来なら、これを長期休暇でなくてもやれるのが一番良いんですけどね..

ただ、長期休暇でとくに何もせずダラダラと過ごしがちな方。
または、普段勉強しようと思っていても、なかなか挑戦できていないことがある方。
今回のお盆休みを利用して、何かに取り組んでみてはいかがでしょうか。