【ルーティーン】仕事に行く前と終わった後に家で勉強をする習慣がついてきた【習慣化】

【ルーティーン】仕事に行く前と終わった後に家で勉強をする習慣がついてきた【習慣化】

こんにちは。
社会人になってはじめて、勉強することの大切さを実感した方は多いのではないでしょうか。
勉強をすること自体に、楽しさや喜びも感じるようになり、
もっともっと勉強したいと考える方も多いと思います。

しかし、仕事が忙しかったり、
親元を離れていると、家事をしたりで、
勉強をする気力が湧かない状態という方がほとんどではないでしょうか。
または、勉強をやろうと決意しても、数日後にはもう止めてしまったなど。

僕もそのような状態だったのですが、
勉強することを習慣化する方法を、自分なりにあれこれ試しながら考えてみました。

最近では、
自分に喝を入れて、歯を食いしばって勉強に取り組むのではなく、
ほとんど無理なく習慣的に勉強をするようになりました。

そこで、同じように悩んでいる方のヒントになればと思い、
習慣化するために個人的に意識していることをまとめてみました。

勉強する内容を曜日単位で決めておく

時間割を決めるようなものなのですが、
勉強する内容を決めておくのは、
ものすごく簡単で、一番効果があると思います。

ちなみに、僕のここ最近の時間割は、こういった感じです。

(月) Ruby on Railsの勉強:1h〜1.5h
(火) Railsアプリケーションの開発:1h〜1.5h
(水) Railsアプリケーションの開発:1h〜1.5h
(木) Railsアプリケーションの開発:1h〜1.5h
(金) 読書:1h〜
(土) Railsアプリケーションの開発:3h〜4h
  ブログを書く:1h
(日) お金の勉強:3h〜

基本的には、これから開発して公開しようと企んでいる
webサービスの開発がメインです。
意識しているのは、月〜木は疲れてしまわないよう、
1時間から1時間半だけ勉強するようにしています。

(もっとしたくなっても基本的にそれ以上はしないようにしています。)

時間割を決めておくと、
気合いを入れずに、スムーズに勉強モードに入れます。
それに、いざ勉強しようという時に、
何をしようかな?と迷うことも無くなります。

やるべきことを決めておかないと、
どうしても楽な方へ逃げそうになってしまいます。

下手をすると、勉強自体しない。ということにすらなりかねません。
(実際、僕は時間割を決めていないと、ほとんど読書タイムにしてしまうか、
ダラダラとYouTubeを見てしまいます。(゚∀゚))

なるべく考えることなく、迷いなく勉強モードに入れれば、
1時間くらいはすんなりとやれますよ。

勉強した時間を記録する

勉強した時間を記録すると、ささやかな達成感を味わえます。
僕の場合、週に6時間以上も自主的に勉強する時間を作ったという事実が
なんだか嬉しくなり、モチベーションが上がります。

1ヶ月で30時間。1年で360時間も集中的に注ぎ込めば、
何でも達成できそうな気がしませんか?

※ちなみに、時間の計測方法は以前の記事でも紹介した、
ポモドーロテクニックを使っています。

しんどい時は迷わず休む

習慣として、継続することが大事だと思っているので、
無理はしないようにしています。

ただ、「今日は疲れたから勉強しない。」
というのは基本的に無しで、
仕事がいつもより帰りが遅くなってしまったり、
何か緊急の用事があったりなどで、
睡眠時間が減りそうな場合のみ、勉強時間を削って休むようにしています。

あとは、体調が悪い時などもそうですね。

勉強することで疲れが溜まったり、
次の日に影響が出ると元も子もないので、
そこは無理しないように。
ということですね。

まとめ

実際に取り組んでみて、大事だと思ったのが、

  • ルーティーンとして無意識に取り組めるように、事前に決められることは決めておく。
  • 短期間に詰め込まず、無理なく、長期間継続することを念頭におく
  • モチベーションが上がる要素を見つける

この3つです。
僕自身、意識して取り組み始めて2ヶ月ですが、
十分、習慣として身についてきたという実感があります。

皆さんもぜひ、習慣を身につけるための、
自分なりに良い方法を見つけてみてください。

では。