【Cloud9】Node.jsのバージョンアップをする方法

【Cloud9】Node.jsのバージョンアップをする方法

今回は、[Cloud9でNode.jsのバージョンアップをする方法について]説明します。

経緯

Cloud9でRuby on Railsのアプリケーションを開発しており、Vue.jsを導入することにしました。
色々調べていると、まずwebpackをインストールする必要があり、webpackをインストールするためにはNode.jsのバージョンがV6.14.0以上でないといけないようです。
そういった経緯で、まずはインストールされているNode.jsのバージョンを確認し、必要に応じて、バージョンアップさせようというところです。

Node.jsのバージョンを確認する

以下のコマンドで、今現在のNode.jsのバージョンを確認することができます。

$ node -v

 

Node.jsをアップデートする

アップデートしたいバージョンを指定して、コマンドを実行すると、インストールが始まります。

$ nvm install v6.14.0

上手くいけば、こういった結果が表示されます。

$ nvm install v6.14.0
Downloading https://nodejs.org/dist/v6.14.0/node-v6.14.0-linux-x64.tar.xz...
######################################################################## 100.0%
Now using node v6.14.0 (npm v3.10.10)

以上、かなり簡単ですねぇ。
念のため、しっかりバージョンアップされているか、先ほどのバージョン確認のコマンドで見てみれば、間違いないでしょう。