【オススメ】TwitterのRSS取得サービス【Queryfeed以外を紹介】

【オススメ】TwitterのRSS取得サービス【Queryfeed以外を紹介】

こんにちは。
何だかよくRSSに関すること書いている気がしますが、今回も懲りずに書きます。

QueryFeedで取得したRSSが読み込めない?

2018/03/28 追記
現在、QueryFeedはつながるようになりました!
この記事はあくまでQueryFeedの代替案の紹介という事になります。

2018/04/7 追記
また、QueryFeedがセッションタイムアウトでエラーになってますね。
かなり不安定な感じなので、思い切ってここで紹介する別のサービスに乗り換えてもいいかもしれないですね。

 

TwitterのRSSを「QueryFeed」というサービスで取得していた方ってけっこう多いんじゃないでしょうか?実際、「Twitter RSS」と検索すると、ほとんどQueryFeedに関する記事がヒットします。

 

今回、TwitterのRSSを一斉取得してリンクを表示しているサイトが、異常なほど重かったので、原因を調べていると、このQueryFeedが不具合(?)を起こしているのが原因のようです。

 

QueryFeedにアクセスしてみると、もうページそのものが動いていないようですね。接続タイムアウトで504エラーが返ってきます。原因はわからないのですが、エラーに気づいてから1日経ちますが、解消される気配は無しです。

 

QueryFeedの代替サービス

もう思い切って、別のサービスでRSSを取得することにしました。というわけで、色々と調べていると、次の二つを見つけました。

どちらも問題無く動作することが確認できました。ただ、publicateの方はツイートの日付が取得できませんでした。TwitRSSの方は日付も取れて、取得結果の形式がQueryFeedとほとんど同じでしたので、代替案としてはピッタリだと思います。

 

TwitRSSの方が使い方もわかりやすいし、簡単ですね。ツイッターのアカウント名を入力して[Fetch RSS]ボタンを押下。これだけです。

 

TwitRSSの使い方についてまとめた記事もありますので、特定のアカウントのツイートをRSSリーダーに登録して購読したい方は、こちらの記事を参考にしてください。

【超簡単】TwitterのRSSを取得してFeedlyに登録する手順

まとめ

実際、QueryFeedが今後どうなるかわかりませんが、いつか稼働することを期待して待つよりも、今回紹介した別の方法で取得することも検討してもいいのかなと思います。

その他のオススメ記事

プログラマーにとって長期休暇は質の高いインプットができるチャンス

【プログラマー向け】モチベーションが上がる書籍