Twitterのタイムラインをブログに埋め込む方法

Twitterのタイムラインをブログに埋め込む方法

自分のTwitterのタイムラインをサイト上に埋め込んで、表示する方法を紹介します。
ここで紹介する方法は、2018年11月時点での方法になります。

Twitter埋め込み用のソースを取得する

Twitter Publishにアクセス

まず、以下のページにアクセスします。
Twitter Publish

このような画面が表示されればOKです。

Twitterの自分のアカウントページのURLをコピーする

次に、Twitterの自分のアカウントページを表示し、URLをコピーします。

コピーしたURLをTwitter Publishに入力する

先ほどコピーしたURLをTwitter Publishに入力し、エンターキーを押します。

埋め込むタイムラインのスタイルを調整する

次に、Twitter Publishを少し下にスクロールし、「表示する形式」を選択し、「サイズを調整」します。

[Set Customization Options]をクリックすると、表示するタイムラインの高さや幅、色などを指定する項目が表示されるので、適当に入力し、[Update]をクリックします。

自動生成されたTwitter埋め込み用のソースをコピー

ここまでの手順を踏めば、Twitter埋め込み用のソースが自動生成されます。
これをコピーしましょう。[Copy Code]をクリックすればコピーすることができます。

コピーしたソースを表示させたいところに貼り付ける

自動生成されたソースを、表示させたいところに貼り付けるだけで、Twitterのタイムラインが埋め込まれるようになります。

See the Pen Xyzqqg by 匠 (@dilphinrokujiro) on CodePen.

まとめ

ブログでも、自作Webアプリケーションでも、コーポレートサイトでも、ポートフォリオサイトでも、
ソースを貼り付けるだけで、Twitterのタイムラインを表示できるので、かなり便利ですね。
ぜひ、活用してみてください。

【超簡単】TwitterのRSSを取得してFeedlyに登録する手順

【2018年最新】QueryFeed以外のTwitterのRSS取得サービス紹介【Queryfeedがエラーになる場合】